FPS をやり始めました(BattleField4)

2014年3月12日

ここ最近ネットの友人が楽しそうに話していた流れで、Battle Field 4 (以下BF4)を買って遊んでいる。
ちゃんと FPS を遊ぶのは初めてなのだけど、結構楽しんでいる。

FPS ってなんですか

FPS って言うのは、格ゲーとかでよく出てくる FPS とは別物で、First Person Shooting の略称。
一言で言うと、一人称視点でのシューティングゲームという事。

歩く、走る動作で、視界が上下に細かにブレるせいもあって、ダメな人は結構 3D酔しちゃうみたいなのだけど、私は平気な感じでした。

何にせよ、初めてのジャンルのゲームになるから、とても下手。
一人用のキャンペーンモードもあるのだけど、メインはオンラインで対人戦になるので、比べられるのが人になる。

初心者からスタート

格ゲーでもそうなのだけど、こういう尖ったジャンルのゲームでかつオンラインになると、狂ったような腕前の人とかがゴロゴロいらっしゃるのよね。
あと、初心者と中級者の壁が厚いのも特徴な気がする。

今のところ、まだまだ初心者すぎて正直中級者以上は全部狂った腕前に見える程度には初心者である。

でも最近少し腕前が上達してきたと感じる。

どこで上達を実感するのか?

始めた当初は、一試合中1人か2人 KILL できれば御の字で、DEATH 数はもう半端ない感じだった。
多い時で 20 DETH とかもザラ。

今でも 20 DETH とかはたまにあるのだけど、何がうまくなってきたかというと、KILL 数が増えてきた。
現時点で大体一試合 10 KILL 強は取れるようになってきた。

始めた当初と何が変わってきたかと考えると、敵の位置予測と視線の配り方がちょっとずつ最適化されてきていると分析した。
要するに、敵がいそうな場所はより注意して見るし、目的地へ向かう際にも漫然と走るのではなく、しっかり物陰や遠くで動くやつがいないかなどを見ながら移動するようになってきた。

あとは単純にマウスで敵を狙う事に多少慣れてきたというのも大きい。

入門~中級者までの辛い道のり

オンライン対戦の時点で、初心者であるうちは死にまくるという点は理解していて、その事自体には特に憤りなどは無いのだけど、それでもやっぱり同じ相手に 5 DEATH とかされると煮えくり返っては来る。
でも、格ゲーと違って対処方法がいまいちわからないのがちょっとつらい点。

前述の通り、最近はようやく KILL が取れる楽しさがわかってきたのだけど、やっぱりまだ死にまくるので、次の課題としてはなるべく死なないようなプレイを心がけるようにしている。
すぐに死んじゃう理由を考えて、死んだ際にはなんで死んだのかも考えることにする。

所詮ゲームだけど、やっぱり上達したいと思ったらある程度は考えて行かないと上達は難しいと思っている。

雑感

今後は少し BF4 の記事も書いていこうかな、と思ったり思わなかったり。
基本的になんか書くのは時間もかかるし、所詮は自己満足のレベルなので確定はしない。
有益な情報が発信出来るなら言うことは無いのだけど、所詮は素人レベルの腕前なので、結局はいつもの様にプレイ日記になってしまうのかな?

語れる程度にはうまくなりたいと思ってはいるけれど。

スポンサーリンク